松尾茜のブータンなう

CBST運営委員会について

第4回目運営委員会会議の様子

今回は、ブータンの国レベルの観光関連機関を代表するメンバーから構成される、CBST(※)運営委員会のご紹介をしたいと思います。運営委員会を設置することの目的は、本プロジェクトに対しての助言や協力を各機関から得ること、そして、委員会を通してCBSTを国全体に広めることです。具体的な運営委員会のメンバーは、以下の通りです。

  • ブータン政府観光局 (Tourism Council of Bhutan : TCB)
  • ブータン旅行業協会 (Association of Bhutanese Tour Operators: ABTO)
  • ブータンガイド協会 (Guide Association of Bhutan: GAB)
  • 農林省森林公園局レクリエーション・エコツーリズム課 (Nature Recreation Ecotourism Division: NRED)
  • 工芸品振興事業団 (Agency for Promotion of Indigenous Crafts: APIC)
  • ハ県事務所 (Haa Dzongkhag Administration)
  • 王立自然保護協会 (Royal Society for Protection of Nature: RSPN)

運営委員会の主な活動は、四半期に1回、RSPNティンプーオフィスにて会議を開くことです。毎回、これまでの活動報告と今後の活動予定について、プロジェクト担当のチョキさんから説明を行うとともに、委員会の判断が必要な案件について議論したり、時には私も、日本でのセミナー等の活動内容を報告したりします。
写真を見てお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、運営委員会のメンバー、RSPNのチョキさんを筆頭に、なかなかしっかりとした、“肝っ玉お母さん”風な、働く女性が多いんですよ。またの機会に、一人ひとり簡単なインタビューをして、こちらでもご紹介したいと思っています。

運営委員会メンバーと、ハ県の関係者一同 ハ県事務所にて

運営委員会メンバーと、ハ県の関係者一同 ハ県事務所にて

 

昨年の3月には、運営委員会メンバーでハの現場視察も行いました。2泊3日の短い期間ではありましたが、ハの秘めた魅力を存分に見出すことができ、またそれらを関係者の間で議論し共有するという、とても濃厚な視察旅行となりました。

日本からのドナー関係者やサポーターの方々、ブータンの国レベルの機関の方々、地域のリーダーたち、そして、実際の観光サービスプロバイダーとなるコミュニティの人々。常に様々な人たちと関わり合いながら進めていくのが、この事業の面白さ、醍醐味でもあります。これからも、こういったステークホルダーの皆さんの“顔”を、なるべく臨場感あふれる形でお伝えしていきたいと思っています。

※CBST = Community Based Sustainable Tourismの略。

関連記事

  1. trial-tour ハの1泊2日モニターツアーを企画しました!
  2. RSPNが運営管理する、ポプジカ谷のオグロヅル・センター ブータン王立自然保護協会(RSPN)について
  3. ポプジカ谷へのスタディーツアー ハ現地のCBSTワーキンググループ
  4. 25497057_1782095745136387_471386483_n ナショナルデーがハで開催されました
  5. 持続可能な地域観光開発セミナー ツーリズムEXPOジャパン セミナー開催にむけて
  6. ハのローカルガイドたちも晴れ姿 1年に一度の「ハレ」の日:ハ・ツェチュに行ってきました!
  7. 雨季、雲が立ち込め神秘的なチェレラ峠 8月訪日予定のブータン人研修生をご紹介!
  8. RSPNの仲間たちと 眞子さまブータン公式訪問:ありがたい御接見の機会をいただきました…

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser05/9/8/0068589002/www.bhutan.jeef.or.jp/wp/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

おすすめ記事

local-guide ブータン王国ハ県の地域に根ざした観光開発 ツアー7日間 の募集を開始しました

日本環境教育フォーラムのブータン事業では、エイチ・アイ・エスさんとのスタディツアーを八月に開催し、大…

セミナー・イベントに参加する

  1. 25508717_10155923737376171_1132037258_o
  2. チラシ用写真
  3. DSC_7366
PAGE TOP