ブータンの今を知る

高校生たちによるハで食べられるお土産を作る活動が26日から始まります

DSC_7314
昨日は6人のメンバーが出席し、昨年メンバーと一緒に食べられるお土産づくりを考えた藤井さんの進行のもと、夏休みの渡航中のブータンでの活動、来週からいよいよ始まるクラウドファンディング(Readyfor)での支援募集の手順などについて、話し合いました。


議論の中では、お土産にするヒュンテやカプゼの標準形はどんなものにするのか、決める必要があることがわかったり、ハの人たちとお土産を作る際の公衆衛生の意識が日本人と違うことに気づいたり、少しずつ、準備が現実的なものになってきました。

また、当日は、ブータンサポートグループでいつも積極的に関わってくれている川井君が自身の経験を高校生のメンバーにアツく語ってくれました。川井君、ありがとう!

Readyforでのお土産づくりプロジェクト、いよいよ26日から始まります。

詳細は↓のサイトまで!

https://readyfor.jp/projects/jeef-bhutan-chusugi

DSC_7329

関連記事

  1. DSC02686 ハの研修員を招いた本邦研修が終わりました
  2. チラシ用写真 社会を変えるファーストステップ  高校生のブータンお土産開発プロ…
  3. DSC_0891 教育
  4. DSC_7753 ブータンとエコツーリズム開発
  5. DSC_4754 高校生によるブータンの食べられるお土産づくりプロジェクトが始まり…
  6. DSC_7606 ブータン流の人付き合い
  7. DSC_9510 ブータンを旅行するときの荷造り、服装は?
  8. 写真1 中央大学杉並高校でブータンのお話をしました

おすすめ記事

local-guide ブータン王国ハ県の地域に根ざした観光開発 ツアー7日間 の募集を開始しました

日本環境教育フォーラムのブータン事業では、エイチ・アイ・エスさんとのスタディツアーを八月に開催し、大…

セミナー・イベントに参加する

  1. 25508717_10155923737376171_1132037258_o
  2. チラシ用写真
  3. DSC_7366
PAGE TOP