ブータンの今を知る

ブータン国内の移動に時間がかかるわけは?

DSC_3816

はじめてブータン旅行を計画される方が疑問に思われるのは、「距離は短いのに、なぜ、移動時間がかかるの?」ということではないでしょうか。

 

ヒントは、ブータンは九州くらいの面積の国土なのに、標高差が7,000mを超えていることなんですが、お分かりになりますでしょうか?

20120407-08 Tronsa - Sengor - Jakar - Gelephu - Wandue 362

そう、ブータンは山がちの地形なので、道路事情が悪いんです。なにせ、100mも見通せる直線道路は空港の滑走路くらいしかないし、ブータンの道はどこも狭く、道路幅が4mしかないようなところを、大型のダンプカーやトラックが走っていきます。おまけに、標高差があるので、道路の勾配がとてもきついんですよ。首都のティンプーから、中央ブータンの観光地ブムタンのジャカールへ行こうとすると、3,000m級の峠を3つも越えなければなりません。そりゃ、時間がかかります・・・。

 

でも、そんなブータンの旅行をする楽しさは、晴天の日の峠からの眺めです。遠く望むヒマラヤの山なみは、筆舌尽くしがたいものがあります。また、道中遭遇する、ラングールなどのサルの仲間、ゴーラルのようなカモシカ、テン、シカなどの動物、色鮮やかな野鳥や花など、のんびり進むからこそ見られる景色もあります。

 

ブータンで車移動する際、注意したいのは、ヘアピンロードが多いこと。車酔いの不安な方は前の座席に座るか、あらかじめ酔い止めのご用意をお忘れなく。また、用意された車が韓国車だと、なぜか結構疲れやすいと言う声を聞きます。サスペンションが良くないという噂がありますが・・・。もう一点、ブータンは標高が高く、陽ざしが強いので、お肌の弱い方は日焼け止めをご用意ください。

DSC_8082

 

 

 

関連記事

  1. DSC_7314 高校生たちによるハで食べられるお土産を作る活動が26日から始まり…
  2. DSC_1125 中央大学杉並高校の「ブータン講座」が終了しました
  3. DSC_0891 教育
  4. チラシ用写真 社会を変えるファーストステップ  高校生のブータンお土産開発プロ…
  5. DSC_7753 ブータンとエコツーリズム開発
  6. ハ県チュンドゥ学校の子どもたち 国民総幸福(GNH)
  7. 20120405-6 Trongsa - Bumthang - Yonkola 083 ブータンのネコ
  8. himalayan monal 1 ブータンってどんなところ:自然について

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/vuser05/9/8/0068589002/www.bhutan.jeef.or.jp/wp/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

おすすめ記事

local-guide ブータン王国ハ県の地域に根ざした観光開発 ツアー7日間 の募集を開始しました

日本環境教育フォーラムのブータン事業では、エイチ・アイ・エスさんとのスタディツアーを八月に開催し、大…

セミナー・イベントに参加する

  1. 25508717_10155923737376171_1132037258_o
  2. チラシ用写真
  3. DSC_7366
PAGE TOP